mv
img

名前:りん子

性別:女

血液型:A型

誕生日:6月14日

Social

Pick UP

試験監督の履歴書

Blog Parts

試験監督の実態とは?

先日私は試験監督の求人を見かけました。どのような形式で募集していたかは後でお話します。
求人の内容をみて非常に面白かったので、今回試験監督になる為のコツをまとめてみました。
みなさん、試験監督といわれるとどのような人を思い浮かべますか?
その学校や施設のお堅い人など、どうしても身近な存在に思えません。
しかし試験監督はどこの社員なのかと思っていたら、実はなんとアルバイトの方が担当しているらしいです。
そうです、私が見た試験監督の求人広告はアルバイトの求人でした。

試験監督のアルバイトを探すのならば、アルバイト情報サイトで探すのが一番です。
アルバイトの情報サイトで試験監督で検索すると、案外多くの試験監督の求人が見付かります。
アルバイトに応募して採用されれば、晴れて試験監督になれます。
アルバイトとして出来る試験監督の仕事は、予備校などの模擬試験や資格の試験の試験監督のようです。
仕事内容は、問題用紙と解答用紙を配布したり、回収したりするのが仕事です。
また試験中にカンニングなどがないかを見回るのも重要な仕事です。簡単な仕事と感じることでしょうし、実際にやることは少ないですので、確かにそれほど難しい仕事ではないのですが、試験中の雰囲気の中での仕事ですから、精神的にきついものを感じることでしょう。
試験会場の雰囲気を壊さないように、不正行為を監視するのは、精神的な疲労が溜まることでしょう。

試験監督ですと、試験中はずっと不正行為が無いかの見回りですので、すぐに仕事に慣れてきてしまい、気を抜いてしまうものですが、試験が問題なく行われるように心がけることが大事です。
試験監督の仕事は、以上のような内容です。時給は高めに設定されていますし、単発のアルバイトですから、高収入を得たいのでしたら、働いてみる価値があります。
仕事中の服装はスーツなどの公的な場に似つかわしいものにします。また試験の場合は、早朝から開始する場合が多いので、アルバイトとして働く場合もそれに合わせて、朝のかなり早い時間から出勤する必要があります。
試験を受ける多くの方々にとってとても大事な試験を、担当する仕事です。
ですから遅刻だけは絶対にしないように気を付ける必要があります。

©copyright All Rights Reserved.